TEL.0277-46-6341

〒376-0023 群馬県桐生市錦町2-4-5

05月

リベンジ

image

還元焼成、リベンジ中です。
炎と煤を最小限にと前回の弱気な気持ちを振り払って、、、
今回は強気に。

マグカップのできあがり

image

紐づくりが楽しくなって
作ったマグカップ。
白い釉薬をかけて1250℃酸化焼成。
できました。
とりあえず自分用にひとつ。
珈琲を頂きます。

ひなたぼっこ

image

還元焼成、惨敗でした。
焚き方が弱気だったようです。

気分を変えて大掃除。
植物たちも久しぶりに天日に。
ひなたぼっこです。

只今、還元中

image

桐生に来て、2回目の還元焼成。
窯を小さくして、火加減が難しくなってしまった。
今回は右側に抜く方が安定しない。
窯づめの加減だと思うけれど。。。
付きっきりで、バルブの調整が必要のようです。

破裂音

image

酸化焼成中の900℃超えたあたり。
窯から?ポフッと小さな破裂音、
勘違いかもしれないけれど、チョッと心あたりもある。
熱線に付着していると、致命的なので、停止しました。
ん~。窯の中がのぞけたらと、思うばかりで、このまま冷めるまでジッと我慢です。 

窯づめ

image

釉掛けと窯づめが終わりました。
窯を新しくしてまだなれないせいか、つめ残しがたくさんでてしまいました。

今回は、酸化焼成です。

群馬大学

image

今日は東京から友人が来たので
工房を休んで桐生観光です。
群馬大学工学部。
大正時代に建てられた、趣のある講堂です。
灯りの装飾がナズナのようにみえます。

素焼き

image

完全に乾燥させた後、9時間かけて800℃で焼成しました。

よく磁土は900~1000℃で素焼きをすると聞きますが、低い温度の素焼きの方が柔らかな感じで仕上がる気がします。

その昔は素焼きせずに、乾燥だけで、釉薬を掛けていたそうです。
それはさすがに、釉掛けのときに生地を壊してしまいそうなので、800℃で。